Mikomaid の真実 第8章

提供: Yourpedia
2015年11月4日 (水) 21:36時点におけるアイザール (トーク | 投稿記録)による版 (学習障害)

移動: 案内検索

この項目はMikomaid の真実 第7章の続きである。

Mikomaidイメージ画像

Mikomaid の精神構造

ファイル:09085868493.jpg
Mikomaidイメージ画像

学習障害

Mikomaid似の画像

Mikomaid は幼少の頃は才気ある「利発な子」として母親から溺愛されて過保護に育ったことで自惚れて地道な努力を怠ったようである。安易に物事を表層的に理解してしまったことで、物事の真理を探求する学習態度を獲得できなかったのである。自分は勉強をしなくても人より理解ができるとの傲慢な性格がこの幼少期の頃に芽生えたことで学習能力を獲得できなかったのではないだろうか。加えて、発達障害のため、学問や物事への興味が拡散して注意力が散漫となり、ひとつの領域で専門性を確立させることができなかったことは、学習障害が発達障害者特有の症状であり、 Mikomaid の不幸な成り立ちであったことは否定できない。また、Mikomaid会話/履歴/ログ/メール は発達障害に起因するディスレクシア(失読症、難読症)ではないかとの疑いがある。2008年7月15日に ノート:播州の秋祭りにおいて「図書館に行けば、祭り関係の文献は幾らでも沢山有るので、それを隅から隅まで読んで出した結論です[1]と主張し、この Mikomaid の主張が本当であれば、相当の文献を読破したにもかかかわらず、その読破量に伴わない貧弱な編集内容や、本稿の削除依頼で「異様に長い文章[2]として再三、用いているが、この程度の文章を「異様に長い」と感じるのは発達障害に起因するディスレクシアで、脳の記憶領域の不足による文章理解力に相当制約を受けていたことによるものではないかとの疑いがある。ディスレクシアの人物はある一定の文字数の文章までは理解できるが、理解を超える文字数の文章となれば、脳の記憶領域を超えて情報過多となってしまい、脳内が混乱して情報処理ができず、その文章全てが理解ができなくなることである。Mikomaid会話/履歴/ログ/メール はこの障害のため、専門書のような高度の読解力を要する文献を理解できず、また、編集した文章も小・中学生並の語彙力で口語体の文章でしか書き込めない Mikomaid会話/履歴/ログ/メール の文章の特徴はディスレクシアで説明することができるのである。私立中学に進学したものの、学習量が公立の小学校時代と違い格段と増えることでその学習課題をこなすことにディスレクシアで困難を極め、学業について行けず、脱落して学業成績が低迷して行ったのではないのかと推測されるのである。本人が発達障害に起因する「学習障害」を正しく認識していない悲劇がその後の人生に陰を落とした。 人の文章能力は15歳までにどれだけの分量の読み書きを行ったかでその後の一生の読解力、文章作成能力が決定されると言われている。発達障害、学習障害に加えて遠距離通学の環境では Mikomaid会話/履歴/ログ/メール の学習量は同学年の中高生より遙かに少なかったのではないかと推測されるのである。小学校までは優等生でいられたものが、一気に劣等生として同級生からも見下され続けた Mikomaid会話/履歴/ログ/メール にとって自尊を損なう屈辱の学校生活であったことは想像に難くない。更に、見下していた富岡小学校の同級生よりも遙かに成績が劣るような人物にまでなってしまって、零落れていたのである。

Mikomaid会話/履歴/ログ/メールの代表的な文章力の無さの例では「2012年11月18日Mikomaid会話/履歴/ログ/メール が利用者・トーク:Abcdefghにて記述した例がある。「慚愧に堪えない」という言葉は「他者に対して申し訳ない」という意味で使うものであって、「(真意が理解されず)不本意だ」という意味で使うものではありません[3]と述べているが、Mikomaid会話/履歴/ログ/メール のこの語法は誤りである。実際の正しい用法は「自分の行いについて、残念に思い、反省すること。恥ずかしく思うこと。謝意を表明する際などに用いられる」ことである。 齢、40歳半ばを過ぎた Mikomaid会話/履歴/ログ/メール の国語力はこの程度の文章能力で知的な作業を要する百科事典の編集に参加しようとしていたのである。このような国語力の Mikomaid会話/履歴/ログ/メール が群馬県下でも有数の進学実績がある有力私立中高一貫校である新島学園中学校・高等学校を卒業しているとしたら、卒業時の相対的な学業成績は自ずと知れたものとなる。この国語力でこの学校を放校されずに卒業できたことすら奇跡に思えるのである。正に、百科事典に記載される程の特筆生のある人物と言えるものである。

統合失調症

Mikomaid 似の類似加工顔面

統合失調症とは妄想幻覚などの多様な症状を示す症候群である。双極性障害と並ぶ、二大精神疾患と呼ばれている。 これまでに示したMikomaid の症状から統合失調症寸前の状態ではないかと推測されるのは、これまでに記述した上記の症状からであり、 Mikomaid と言う人物が行う行状の理解が進むのではないかと思わざるを得ないのである。 精神病の診断は粘り強い検査と長期間の診察が必要とされるが Mikomaid の場合、典型的な症状を示しているだけに、精神科医臨床心理士を志す者には格好の研究材料となる被験者になるはずである。 Mikomaid の症状から統合失調症寸前の状態ではないかと推測されるのは、これまでに記述した上記の症状からであり、 Mikomaid と言う人物が行う行状の理解が進むのではないかと思わざるを得ないのである。

この続きはMikomaid の真実 第9章を参照のこと。

関連項目

脚注

この記事の内容について、第三者から「根拠がなく批判的・批評的だ」と苦情・抗議が来ています。この投稿に参加した時点であなた自身に責任が及ぶ可能性もあります。この記事を編集・執筆する方は自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照してください。記事の執筆にはYourpediaへログインを推奨します。
この記事はウィキペディアで議論・削除が検討された投稿内容が多く含まれています。追加記事の投稿など編集に参加する場合、編集に参加したあなた自身に責任が及ぶ可能性があります。この記事を編集・執筆する方は、自らの責任を自覚した上で利用してください。詳しくは基本方針を参照。